ケア資格ナビ> ホームヘルパー2級ガイド

ホームヘルパー2級は名称変更。変更点をわかりやすく解説。

  • 2013年4月から「ホームヘルパー2級」は「介護職員初任者研修」に名称が変わりました
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

目次

ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修へ移行

ホームヘルパー2級は2013年4月より介護職員初任者研修へ移行し、講座名称も「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」に変わりました。
これからホームヘルパー2級に相当する資格を取得したい人は「介護職員初任者研修」を受講しましょう

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へ。疑問を解決!

おしえて!その1

なぜ資格システムが変更されたの?

日本では高齢化が進み、2025年には介護職員が50万人以上足りなくなると問題視されています。一人暮らしの高齢者も増加し、介護ニーズも多様化されることが予想され、一定のスキルのある介護職員もますます必要になっています。

これを受け、介護の質を落とさずより多くの介護人材を育成するため、介護資格制度の改正が行われたのです。

キャリアパス画像

介護職員がキャリアアップしていくためのルート(キャリアパス)は、改正前は研修や資格が混在し複数ありました。この複雑なキャリアパスを、改正により分かりやすく一本化したのです。

資格の改正とキャリアパスの整備によって、モチベーションを保ちながら介護の仕事を生涯続けられるように、キャリアアップの目標を持ちしやすくしたのです
改正ではホームヘルパー2級と同時に、介護職員基礎研修課程、訪問介護員養成研修1級課程(ホームヘルパー1級)も廃止されました。ホームヘルパー1級は現在、実務者研修に移行されています。

おしえて!その2

ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修になることで何が変わったの?

「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」への移行にともない、より現場に則した人材を育成するべく、カリキュラムの変更が行われました。

ホームヘルパー2級 介護職員初任者研修
研修時間 130時間 130時間
講義時間 58時間 40時間
実技実習時間 42時間 90時間
施設実習時間 30時間 なし
修了試験 なし あり

研修時間数だけで見ると130時間と同等ですが、ホームヘルパー2級で課せられていた30時間の施設実習がなくなり、代わりに実技の実習時間が増えました
学ぶ内容は、訪問ヘルパーを養成する内容から施設を含めすべての介護事業所で介護を行えることを想定した内容となりました。
高齢化が進み、認知症患者も増加しています。現場でも対応が課題になっていたことを受け、「認知症の理解」が追加されました

また初任者研修は全課程修了後に、必要な知識の修得ができているかを確認する、1時間程度の筆記試験が行われます。試験内容は主に学習の振り返りで、研修をしっかり受けていれば合格できる試験です。万が一合格できなかった場合でも、補講や再試験制度が設けられているので、心配するほどの試験ではありません*

なお、初任者研修のカリキュラム内で施設実習はなくなりましたが、養成スクールによっては希望により施設実習ができるところもあります。

*  スクールによって異なります。別途料金が必要な場合もあります。

おしえて!その3

ホームヘルパー2級を持っています。資格は取りなおした方がいいの?

ホームヘルパー2級と初任者研修の資格の効力は同じで、行える仕事も変わらないので、新たに取得する必要はありません。ただし同等の資格とはいえ異なる資格なので、履歴書には「介護職員初任者研修」ではなく「ホームヘルパー2級」と記載しましょう。

ホームヘルパー2級と初任者研修は、求人募集の際も同等に扱われるので、給料に差がつくこともありません。
実務者研修を受講する場合、介護資格を持っていると科目の免除がありますが、ホームヘルパー2級と初任者研修で免除される科目も同じです。

職業名としてのホームヘルパー

ホームヘルパー2級の資格は2013年に廃止されていますが、訪問介護員のことを「ホームヘルパー」と呼んだり、介護職員のことを「ヘルパーさん」と呼ぶこともあります。
ホームヘルパーは資格名としてはなくなりましたが、介護の仕事をする人として認識されています。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護職員初任者研修を取得するメリットは?

初任者研修は、ホームヘルパー2級と同じように介護の初心者向けの資格です。いくつもの取得メリットがありますので、介護の仕事にこれから就こうという人はぜひ取得しておきたい資格です。

取得のメリット

就職に有利

介護の仕事は資格がなくても働くことは可能ですが、求人を見ると「初任者研修(ホームヘルパー2級)以上の方」としている求人がたくさんあります。介護業界は人手不足なこともあり就職はしやすい業界ですが、初任者研修を取得しれいれば、より良い職場に就職ができるチャンスが広がります。

給料が優遇

同じ介護未経験で就職する場合でも、資格を持っていると無資格よりも給料が高くなることがほとんどです。常勤の平均月給で2万円以上差がつくこともありますので、お金をかけて初任者研修の資格を取得しても、すぐにペイが可能です。

スムーズにキャリアアップ

キャリアパスのスタートは初任者研修の資格です。まずは初任者研修を取得し、上位資格の実務者研修を取得すれば、スムーズに介護福祉士を目指せます。

実務者研修は国家資格の介護福祉士試験の受験に必要な資格です。介護福祉士を目指す人にとって、実務者研修修了は必須となりますが、初任者研修を修了していると、450時間のうちの130時間の受講時間が免除されます。

初任者研修と実務者研修、どちらを受けたら良いの?
介護資格のキャリアパスでは初任者研修がスタート資格として示されていますが、実は実務者研修は初任者研修を修了していなくても受講でき、どなたでもチャレンジできる資格です。
しかし、実務者研修は初任者研修よりも3倍以上の長い研修で、内容もより専門的で費用もかかります。介護にまったく携わったことのない人は、まずは初任者研修からスタートした方が無理なく取得できるでしょう。

介護職員初任者研修の資格取得方法

自治体が指定した養成機関が主催している講座を全科目受講し、筆記試験に合格することで資格を取得できます。

受講資格

学歴など受講資格はなく、どなたでも受講できます。介護未経験者でも受講可能です。

受講費用

費用はスクールや講座によって異なりますが、約3万~8万円前後です。介護職員初任者研修には教育訓練給付金の対象講座もあります。希望する講座がその対象かどうか確認の上、検討すると良いでしょう。

通信講座

介護職員初任者研修のカリキュラムは130時間の科目のうち、上限40.5時間*までは通信で学ぶことができます。通学との併用で効率よく学ぶことが可能です。

* スクールによって異なります。

介護職員初任者研修は働きながら取得できます

介護職員初任者研修は、働きながら受講する人もたくさんいます。スクールなら一部の科目を通信学習で学び、土日や夜間、平日のみコースで通学するなど、自分のスケジュールに合わせて無理なく修了することができます。
週1~4回程度の講座がありますので、取得の目標期間を決めて回数を選ぶと良いでしょう。

介護職員初任者研修の学び方は?

パターン1:すべてのカリキュラムを通学講座で学ぶ

「学科」「実技」ともに通学で学びます。

パターン2:通信+通学で学ぶ

通信で「学科」を学び、通学で「実技」を学びます。
ほとんどのスクールはこちらのパターンです。通信と通学を合わせて最短1カ月で取得が目指せるコースもあります。

介護職員初任者研修の学習内容

初任者研修では、介護をする際に必要な基礎的な知識と技術を学びます。カリキュラムは講義と演習があり、演習では実際に体を動かしながら介護の方法を学びます。

おもな講義の内容
  • 介護業務に必要な基礎知識
  • 介護における尊厳について
  • 老化や障がいの理解
  • 認知症について
おもな演習の内容
  • 移動・食事・入浴などの身体介護の方法
  • 基本的な生活支援技術全般
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護職員初任者研修の資格取得でできるようになること

資格がなくても介護の仕事に就くことはできますが、初任者研修を取得することで、できるようになることもあります。

訪問ヘルパーになれる

訪問ヘルパーとして働くには、初任者研修以上の資格の保有が定められています。ですので、初任者研修の資格を取得することで、訪問ヘルパーとして働けるようになります

訪問ヘルパーは高齢者や障がい者の自宅を訪問し、身体介護や生活援助を行います。 正社員だけでなく、パートや登録制の訪問ヘルパーとして働く人も多くいます。自分の空いている時間で働けることから、家事や子育てと仕事を両立したい女性に人気の職種です。

仕事の幅が広がる

初任者研修の資格がなくても施設で働くことはできますが、職場によっては資格を持っている人の補助業務や掃除や洗濯、見守りなどに限ってまかされることもあります。 初任者研修の資格を持っていることで、身体介護の仕事も安心してまかせてもらえるようになり、仕事の幅が広がります。
また初任者研修の資格は、介護福祉士、ケアマネージャーへのステップアップにもつながります。

介護職員の働き方

介護職員として働く場合、パートやアルバイト、正社員などから雇用形態を選択することができます
給与は資格、経験、夜勤の有無などによって幅があります。施設系の常勤の場合で月給17万~25万円程度、パートの場合で時給950円~1500円程度が多いようです。

介護職員の給与目安

介護職員を求めている職場は多いので、30代、40代で異業種から転職して活躍している人もたくさんいます。子育て中や子育てが終わった後に再就職をする人もいます。

自分の生活スタイルに合わせて働き方を変えたり、パートから正社員になることも可能です。60代で活躍している人もたくさんいます。
介護の仕事は生涯の仕事として続けていくことが可能な仕事ですので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームヘルパー2級ガイド

特集記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.