ケア資格ナビ> 医療事務ガイド> 医療事務を独学で勉強するメリット・デメリットとは?

医療事務を独学で勉強するメリット・デメリットとは?

  • 女性人気No.1高齢化社会においてニーズ急増「医療事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

医療事務にはたくさんの資格がある!医療事務は独学で取得できる?

医療事務の資格は、独学でも取得を目指すことは可能です。
ただし医療事務の資格試験の中には、実務経験を持つ人向けの合格が難しい資格試験もあります。

今回は、独学で取得を目指す際のメリット・デメリットについてご紹介します。 しっかり確認した上で、判断することをオススメします。

医療事務の資格 独学のメリットって?

体力的に負担が少なく、長く働けると評判の医療事務。場合によっては「平日1日休・土曜半休・日曜休み」などの週休2.5日の病院もあり、人気があります。
医療事務の資格は受験資格を必要としない場合が多いので、昨今の事情でおうち時間の増えた人たちが気軽に取得しようと考えるケースも見られます。

そんなとき、まず気になるのが費用です。独学なら出費の心配はありません。しかも資格取得のためにスクールなどへ出向く必要もなく、事務的な申込みも要らないので手間がかからない。独学で医療事務の資格の勉強を始めるのはそんな動機からではないでしょうか。
それでは独学のメリットとはどんなことでしょうか。

独学のメリット

  • 費用がかからない
  • 自分のペースで学べる
  • 気楽な気持ちで始められる
  • 嫌になったときにすぐにやめられる

まず独学は費用がほとんどかかりません。テキスト代程度で済むので、「まあとにかく手始めにやってみよう」という程度の楽な気持ちで取り組めるのは、メリットです。
そしてスクールの通学講座のように講習時間が決まっているわけではないので、自分の空いている時間に学べます。
医療事務の資格を取得するためにかける費用・期間・ペース配分など、自分ですべて自由に決められますし、嫌になってもすぐにやめられます。

独学のデメリットって?

一方、独学のデメリットとはどんなことでしょうか。独学は想像と違い、実際に取り組んでみて分かることがあります。

独学のデメリット

  1. 間違って理解している場合がある
  2. 学習到達度が分かりづらい
  3. コンピュータ実務を実践的に学べない
  4. 就職サポートがない

1.間違って理解している場合がある

医療事務の仕事には、窓口業務や会計業務などさまざまな業務がありますが、メインとなる診療報酬請求には、診療報酬明細書(以下、レセプト)の作成があります
いまはほとんどの病院でレセプトは、レセプトコンピューターに情報を入力すれば自動的に集計してくれるような体制をとっていますが、資格取得のための実技試験問題には、カルテに書いてある内容を読み取り、点数を算定してレセプトを作成するような問題が頻出しています。

実技試験で出題される症例には外来や入院の事例がありますが、こういったレセプトを作成するには時間がかかります。
「傷病名、診療行為や検査、薬価などが正しく入力されているか」など読み取りが複雑になるため、独学だと「自分が作成したレセプトが正しく作成できているかどうか」を確認することが難しいようです。

2.学習到達度が分かりづらい

医療事務の仕事をするためには、医療保険制度や医療関連法規などの知識も必要ですが、独学だと「どこをどれだけ学べば良いのか」ということが分かりづらいようです。
資格試験の中には問題量が多く、時間配分が重要になってくる資格試験もあります。攻略法も個人では分かりづらいため、挫折してしまう場合があります。

加えて独学だと模試などがないため、定期的な実力診断のチェックができません
したがって自分の学習到達度が分かりづらくなってしまいます。

3.コンピュータ実務を実践的に学べない

医療事務の資格には、コンピュータ実務に必要なオペレーションスキルを判断する資格があります。そういった内容を問う資格で独学だと、「どの程度できていれば、合格なのか」が判断しづらい場合があります。
コンピュータ実務を実践的に学べないと、自分のパソコンスキルが正しいか確認できず、数字やパソコンが苦手な方にとってはつまずきやすい点になってしまいます。

4.就職サポートがない

独学には就職サポートがありません。
資格取得の学習と並行して、自分の就職先を探さなければなりません。将来的に医療事務の仕事をするために資格を取得しようとしている方が多いと思いますが、就職活動との両立は意外とハードです。

独学のデメリットをカバー! スクールで学ぶメリットとは?

これまで独学のメリット、デメリットをご紹介してきましたが、では独学のデメリットを解決するためにはどうしたら良いのでしょうか。
費用面で負担の少ない独学は取り掛かりやすい方法ですが、確実に独学のデメリットをカバーするなら、「スクールで学ぶ」という方法があります
医療事務の資格は数字やパソコンが苦手な方も、ポイントさえつかめばそれほど警戒することはありません。

医療事務のスキル スクールなら正しく理解できます!

独学で挫折しがちな「電子カルテ」の入力や「診療報酬請求書」の作成は、スクールで学べば、直接対面で学べるので間違いはすぐ分かります
医療事務には欠かせないパソコン操作を、講師に見てもらいながら学べるのは安心です。現場につながるスキルをスクールなら分かりやすく解説してくれるので、簡単に理解することができます。

医療事務の知識 スクールならどこまで到達しているか分かります!

医療事務の知識に関する到達度については、スクール内で「技能審査試験対策」や「修了試験」などが行われるので、客観的に確認することができます
医療保険制度や医療関連法規などの知識についても、長年の経験と実績で試験に出題される傾向のある問題はしっかりと対策されています。
スクールは資格取得のためのノウハウを持っているので、合格点をもぎとる効果的な学習ができます。

医療事務のパソコンスキル スクールなら丁寧に指導します!

「医療事務の資格を取得して、仕事にしてみよう」と考える方の中には、「実はパソコンが苦手」という方もいると思います。
そんな方にはスクールがうってつけです! なぜなら初歩の方がつまずきやすいポイントを把握しているからです。スクールではたくさんの方が受講していますが、すべての受講者がパソコンを得意としている訳ではありません。
スクールは「どんな点に注意したらパソコン業務がうまくいくか」という術を持っていますので、安心して受講できます

医療事務の就職サポート スクールなら紹介も!

医療事務の資格をスクールで取得すると、仕事紹介をしてくれるスクールがあります
全国的なネットワークを持っているスクールもありますので、就職相談はバッチリです!

スクールで学ぶデメリットとは?

一方、スクールで学ぶデメリットも考えられます。

  • 費用がかかる
  • 時間を制約される可能性がある

だいたいの方が、このようなことを考えるのではないかと思います。

費用がかかる

スクールに通うには、受講料として費用がかかります。
しかし最近のスクールでは、スクールごとに違いはありますが以下のような受講料サポートを提案しています。

スクールの主な受講料サポート
  • 受講料オフのキャンペーン価格を設定
  • 医療機関の紹介で就職した場合にキャッシュバック
  • 教育訓練給付金制度を導入

受講料オフのキャンペーンを行っているスクールは、ケア資格ナビに掲載しているスクールにもあります
また就職サポートとして、スクールの紹介で就職が決まった際には受講料のキャッシュバックを行っているスクールもあります。
教育訓練給付金制度を導入しているスクールも多数ありますので、自分が「受給資格に該当しているか」をチェックしてみると良いですね。

教育訓練給付制度について確認したい方はこちら

時間を制約される可能性がある

「スクールを利用すること=通学」という概念はありませんか? いまどきのスクールには通信講座で資格取得できるスクールもあります。
通学講座でも平日・土日・夜間・半日・1日など、学び方は自由自在
に設定されています。
通学講座と通信講座にはそれぞれの良さがあります。それはどんなことでしょうか。

通学講座・通信講座のメリットを考えよう

スクールの通学講座のメリットは?

スクールの通学講座の申込みは、ネットでかんたんにできます!
サイト内で通学講座か通信講座など、選択できるようになっているのでプランを確認してから申し込むことができます。

通学講座は同じ目標を持った仲間と一緒に勉強することができるので、モチベーションを保つことに役立ちます
分からない問題は即、講師に質問して解決することができますし、パソコン操作につまずいても、分かりやすく教えてくれます。
開講日時は決められているので「いつまでに資格を取得したい」という目標通りに学習を進めることも可能です。休んでしまったときの振替制度もありますので安心です。

スクールの通信講座のメリットは?

通信講座は通学講座と同様、ネットで申込みができます。自分のペースで進められる上、通学の講義さながらのDVDなどで勉強できることも魅力のひとつです
パソコンはもちろんスマートフォンでも学習できるタイプの講座もあるので、すきま時間を有効に活用することができます。
添削指導も充実していますので、独学では自信がないという方にぴったりです。

受講料は?

スクールによって異なりますが、各スクールではさまざまなキャンペーンや割引制度が設けられています
スクールでは入学時の割引制度が多く、在校生・卒業生からの紹介で入学したときや、友達と一緒に入学したときなどの割引が行われています。

「スクールで学ぶにはお金がかかる」と思われがちですが、キャッシュバックや給付金制度を利用して結果的にはあまり費用がかからなかったり、就職もできたりするメリットがあります。加えて、何より自分に自信を持つことができます。
まずは医療事務の仕事への助走となる「独学・通学・通信」のそれぞれのメリット・デメリットを比較して、確認してみましょう。
自分に合う勉強方法がどれなのかを選択することは、大切なことです。

いまは医療事務の仕事に就こうとしている方はもちろん、自分を高めるために資格取得を考えている方にもチャンスの時期です。
医療事務の資格を持っていると、全国どこでも働けます。まずはお近くのスクールの資料請求から始めてみませんか?受講料もしっかり比較できます

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?医療事務>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2020 Network21, Inc. All rights reserved.